自動車税を滞納

自動車税を滞納している場合の廃車は?


車を廃車しようと考えている時に自動車税を滞納している場合はどうなるのでしょうか。

一見滞納していると廃車手続きはできないと思うかもしれませんが、実は廃車は可能となっています。

理由としては、廃車手続きをしてくれる陸運局と自動車税を管理している所が別になりますので、廃車自体は可能となっています。
しかし、廃車したからといって、そのまま滞納した自動車税が無くなる訳ではありませんので、支払いの継続はしないといけないのです。

もう車に乗らなくなった人は、税金の問題がありますので、早くに廃車にしておけば、これから掛かる税金を抑えることができます。
既に請求されている税金が減る訳ではありませんが、そのままにしておく方が、ますます厳しくなるので、できるだけ早い決断をしましょう。
また請求が残っている税金をそのまま放置しておくと、滞納金として、額がどんどん増え続けますので、支払えるうちに支払っておいて下さい。

陸運局と税金の管理している所は別ですが、全国の軽自動車検査協会や陸運局には、一緒に自動車税事務所がある所が多いです。

廃車手続きをするついでに、請求されている自動車税を支払ってしまえば、再び出向く必要が無いので一石二鳥になりますから、そのまま滞納せずに支払っておいた方が良いのではないでしょうか。

しかし、もう一つ重要なことがあります。
2年分の自動車税を支払っていない時は、車の抹消手続きをすることができなくなります。
2年分の内の1年分を支払ってしまえば、抹消手続きができるのですが、あまりにも税金が溜まっていると事実上の廃車ができなくなってしまうのです。

何故、事実上になるかと言いますと、抹消手続きができなくても車の解体は可能となっています。

形としての車がなくても自動車税が2年分以上あると抹消手続きが出来ないという状態が続きますので、しっかりと計画性を立てて支払っていかなければならないのです。

基本的にしっかりと自動車税を支払っている方は、不安になることはありません。
少し自動車税が溜まっている状態であっても手続きできるので、大きな影響が出ませんので、その点に関しても大丈夫でしょう。
問題があるのが、上記のように長い間税金が溜まっている人や延々と支払いを伸ばしている人でありますので、どうせ支払わないといけないお金になりますので、早めに考えておいて下さい。
自動車税は前払い制なので、時々忘れてしまう人もいますから、支払っているかどうか見直してみて下さい。”