相続した自動車

相続した自動車を廃車にする方法


自動車は現代の世界では「財産」として見られるようになっていますから、その名義人が死亡したというような場合には遺族へ相続されることとなります。
名義変更を行えばそれは遺族が利用できる財産という形で引き継がれることとなるのですが、必ずしも相続人に自動車が必要ないというようなケースもあります。

使用しない自動車を引き継いで、それに対して維持費を支払っていくということは時として無駄な費用になることもありますから、そうした場合には廃車手続きを取って、廃車にするということが必要です。

ですが基本的に廃車手続きをはじめとした諸手続きは、名義人本人が行う必要があります。
もし名義人が手続きを行えない場合は委任状を書いた上で家族や親戚といった人が手続きを代行するわけですが、名義人が死亡している場合はそのどちらも行えません。

ではこうした場合の廃車はどうすればいいのかというと、いくつかの書類を準備することで手続きが可能になります。

まず自動車の相続手続きが完了させるために、遺産分割協議書と戸籍謄本、印鑑証明書と住民票が必要になります。
この印鑑証明書は代表者のものだけではなく、遺産分割を行うすべての人の分が必要になりますので注意しましょう。

この手続きが完了したのちには自動車が、自動車を相続した人のものとなるわけですから、その自動車に関するあらゆる義務と権利が委譲されます。
自動車を使用していくうえでの維持費の支払いや、事故を起こした時の対処をする義務が委譲されるのと同時に、廃車にしたり売却したりする権利も委譲されるのです。

こうして権利が正常に委譲されたのちには、通常の廃車手続きと同様の手続きを進めていくこととなります。
この手続きにおいては陸運局に対して「永久抹消登録」と呼ばれる申請を出すこととなります。
この永久抹消登録がされた自動車に関しては、その後再登録もできなくなりますので、後になってから「やっぱり使いたい」というようなことにならないよう、事前に十分な検討を重ねる必要があるでしょう。
永久抹消登録をする決心がついた後は、申請書を作成した後、自動車の解体証明書や手数料納付書といったような必要書類を用意して、陸運局で手続きを完了させるだけです。
こうした手続きは事前に把握していれば難なく行うことができますが、実際には遺産相続というものは予期しないタイミングで発生することも多いものです。
最近の廃車引き取りの業者や工場では、こうした手続きを代行してくれるようになっていますから、自信が無い場合はそうした業者に手続きを代行してもらうとよいでしょう。”